ホーム > 行動憲章(CSR)について > 企業倫理綱領

企業倫理綱領

企業倫理綱領策定の目的

本綱領は、当社の事業活動の原点である社会との信頼関係構築の基礎となる企業倫理の徹底を図るため、企業行動規範および社員行動規範を明確にすることにより、企業の社会的責任を積極的に果たし、もって当社の企業理念の実現を目指すことを目的とする。

企業行動規範

1.経営理念の推進

(1)
お客さま本位の事業運営
お客さまに選択し続けていただくための、良質で安心できるサービスの提供等お客さま本位の事業運営を徹底する。

(2)
安全の確保
安全の確保は最優先事項であるとの認識に立ち、安全意識の高揚を図るとともに安全の確保に必要な対策を確実に実施する。

(3)
環境問題への取り組み
資源の有効利用、省エネルギー等環境負荷の低減に積極的に取り組むなど、環境調和型経済社会の実現に寄与する。

(4)
地域社会への貢献
良き企業市民として地域社会の発展に貢献する。

 

2.公正・透明な事業運営

(1)
法令等の遵守
当社のすべての事業活動において、関係法令および社会的規範を遵守することはもとより、倫理観に裏打ちされた業務運営を強力に推進する。

(2)
節度ある対外関係の構築
行政、取引先等との健全かつ正常な関係の構築に努める。一方、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決する。

(3)
人権の尊重
基本的人権尊重の精神を業務運営の根底におき、人権が真に尊重される職場や社会の実現に向けて努力する。

(4)
情報の公開と個人情報保護
お客さま、地域社会の方々とのコミュニケーションを図り、適時・適正な情報の開示を行うことにより業務運営の透明性を確保するとともに、お客さま情報等個人情報については、適正な取得とともに漏洩の防止を徹底する。

 
(5)
自由闊達な企業風土の醸成
部門内でのコミュニケーションの向上を図るとともに、部門間の情報共有化と連携強化を図り、活力あふれる風通しの良い自由闊達な企業風土を醸成する。
 
(6)
社内外からの提言・要望等の業務への反映
企業倫理に関する社内外からの提言・要望等を積極的に業務運営に反映し、企業経営の健全性確保と業務改革に資する。
 

3.役員の責務

(1)
基本姿勢
役員は、本綱領の実現が自らの役割であることを自覚し、「III.社員行動規範」を率先垂範することはもとより、より高い倫理観と高潔さをもって経営にあたる。

(2)
社内体制の整備
役員は、社員全員が本綱領の精神を実践するよう徹底するとともに、実効ある社内体制の整備と点検を行う。

(3)
違反行為発生時の対応
本綱領に反するような事態が発生した場合は、経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を表明し、原因の究明と再発防止を図る。また、迅速かつ的確な情報の公開により説明責任を果たすとともに、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。

 

社員行動規範

1.基本的な心構え

社員は、中国レコードマネジメントおよびエネルギア・グループの一員としての使命と誇りを自覚し、就業規則に定める服務規定を遵守するとともに、以下の行動規範にのっとり行動する。

(1)
社員は、当社の企業行動規範を十分認識し、地域社会との信頼関係構築に努める。
 
(2)
社員は、法令等の遵守のみならず、社会的良識をもって公正・誠実に行動する。
 
(3)
社員は、職場の内外を問わず人権を尊重し、節度ある行動に努める。
 

2.お客さま対応にあたっての行動規範

社員は、お客さまに信頼していただくため、以下の行動規範にのっとり行動する。

(1)
社員は、当社の企業行動規範を十分認識し、地域社会との信頼関係構築に努める。
 
(2)
社員は、信義を重んじ、お客さまとの約束を誠実に履行する。また、サービス内容等について不当な取り決めや不公正な行為はしない。
 
(3)
お客さまとの取引にあたっては、お客さまのニーズを的確に把握し、十分な説明を行い、理解と納得を得た上で取引する。
 
(4)
お客さまからのお申し出に対しては、迅速かつ誠実に対応する。
 
(5)
お客さま情報の収集は、事業の範囲内において適法かつ公正な手段で行うとともに、情報が漏洩しないよう厳正に管理する。
 

3.職場における行動規範

社員は、職場秩序維持のため、以下の行動規範にのっとり行動する。

(1)
業務遂行上関連する法令のみならず規程、規則等の社内ルールを遵守する。
 
(2)
いかなる場合であっても、事実の隠ぺいや虚偽の報告を行わない。
 
(3)
業務上知り得た情報を正当な理由なく外部に漏らさない。
 
(4)
社員はお互いの人格・個性を尊重し、働きやすい環境づくりに努める。
 

4.社会人としての行動規範

社員は、私生活においても、以下の行動規範にのっとり行動する。

(1)
法令はもとより、社会一般のルールの遵守等、常に社会人としてのモラルに従って行動する。
 
(2)
品位と節度ある行動に心がけ、いかなる場合においても会社の信用を失墜させるような言動はしない。
 
(3)
会社への届け出なしに他の会社・団体の役員になり、または、自己もしくは他人の営業に従事しない。
 

ページトップへ